韓国映画『結婚前夜~マリッジブルー~』感想 – 豪華キャストもいまいち感情移入できず、あまりおすすめじゃない

2.5
本ページの作品の配信情報は記事投稿日時点のものです。現在は配信されていない場合もありますので、最新の配信状況は必ず公式サイトにてご確認ください。

結婚前夜~マリッジブルー~(字幕版)

結婚前夜~マリッジブルー~ あらすじ

結婚式を1週間後に控えた4組のカップルが陥ったマリッジブルー。

それぞれが感じるのは、結婚という人生の大きな決断において湧き起こる喜びの反面の不安な気持ち。

「本当にこの人で良いのかな」 果たして彼らは無事に結婚できるのか?

結婚前夜~マリッジブルー~ 感想

配役は素晴らしいが結末に納得がいかない

序盤は女優の顔の見分けや職業的立場の判別がつかなくて若干戸惑った。

キーポイントはマドンソク。一番面白いし共感できる。

チャン・グアンやキム・グァンギュも出ていてキャスティングは豪華

展開も楽しい

ウケ狙いの下ネタが少々きつい。

キム・ガンウ演じるテギョの言動がとにかく自分は無理で受け付けない。

チュ・ジフンとテギョンを天秤にかけた女、ソミ(イ・ユニ)の選択は、結婚後必ず後悔すると思う。

現実でこんなことが起これば裁判沙汰だろう。

数日すごしただけのチャラい男と勢いで決めてしまうのが『素敵~』となる女子のツボが理解できない。

いまいち

結婚前夜~マリッジブルー~ 映画情報

公開年:2013年
上映時間:118分
原題:결혼전야(結婚前夜)
監督:ホン・ジヨン

結婚前夜~マリッジブルー~ キャスト

キム・ガンウ:イム・テギュ、 元野球選手
キム・ヒョジン:ペ・ジュヨン、泌尿器科医師
イ・ヨニ:オ・ソミ、ネイルアーティスト
オク・テギョン(2PM):チェ・ウォンチョル、シェフ
マ・ドンソク:ヤン・ゴノ、生花店経営者
クジャル・トゥルスノバ:ヴィカ・アレクサンドロヴナ、水族館人魚
イ・ヒジュン:コ・デボク、泌尿器科 課長
コ・ジュニ:カン・イラ、ウエディングプランナー
チュ・ジフン:ハン・ギョンス、済州島ガイド、ウェブトゥン作家
オ・ナラ:コ・ソノク、記者 、ボクの姉、テギュとチュヨンの高校同級生
ミン・ソンウク:テギュの後輩コーチ
チョン・ミンジュ(JOO):ソン・アルム、生花店店員、ソミの友だち
チェ・ビョンモ:結婚式場
パク・サンフン:結婚式場
キム・ジヨン:テボクの母
ソン・ジェホ:キム・ソクトン
チャン・グァン:イラの父、牧師
チョン・スギョン:ドレスショップ院長
キム・グァンギュ:ドクター・キム、 チュヨンの元夫
ファン・ジョンミン(女):済州島観光客アジュンマ
イ・ダリョン:設置技師
イ・ミド:変な新婦

タイトルとURLをコピーしました