韓国映画『悪い男』感想 – キム・ギドクワールド、嫌悪感と絶望を味わう、狂気のおすすめ映画

4.0
本ページの作品の配信情報は記事投稿日時点のものです。現在は配信されていない場合もありますので、最新の配信状況は必ず公式サイトにてご確認ください。

悪い男(字幕版)

悪い男 あらすじ

孤独なヤクザ・ハンギは、街角でひと目ぼれした女子大生・ソナの唇を突然奪う。狂暴で純粋なハンギの愛はかれんなソナを娼婦へと転落させ、彼は売春宿のソナの変貌を見つめ続ける。二人の間に生まれた絶望と憎しみの末、惹かれゆく二人。

悪い男 感想

マイナスにマイナスをかけるとプラスになる感情

毎日U-NEXTのランキング順に見ていない映画を拾っているが
今日はこの映画。

U-NEXT(ユーネクスト)

キム・ギドクか~
暗い映画はいやだな~
と思いつつ視聴。

キムギドク監督が人間としてどうかということは考えず、作品としてだけ評価します。

2001年の作品ということで、いかにもファッションが古い。

見たことない俳優だなと思いきや、チョン・ジェヒョンかー、『パンチ』の!
わっかい!そういえば、眼光が、そうだ。

見るまではイヤなんだけど見はじめると引き込まれる不思議な映画。

最初のキスシーン、男が〇〇〇(好きなイケメンの名前を入れよう)なら許されるんじゃないのか?
自分は強制キスはわいせつ罪と思っているので、それを全うに悪事として表現してくれてるとすがすがしい。

不器用な男の話かー、こういうのに弱いんだよ

エゴンシーレの画集が象徴的。
昔嫌いだったけど、大人になった今見ると良さがわかるな。。

最近お気に入りのイ・デヨンがでてテンション一気に上がる

韓国の飾り窓のようなところ、今でもあるのだろうか。
そういえば鍾路に泊まった時、ゲストハウスの横がピンクなカラオケやで、おばあさんに近いようなおばさんがキャミソールで座っていたな。。
あそこも絶対そういうところなんだろうな。

男は性的に不能なわけではないのだが、ゆがんだ愛情表現をしている。

銭湯も行けない体になりたいかい?というのが出てきたが
韓国の銭湯はタトゥは全然OKなのに、どうなるというのだろう、
恥ずかしいタトゥーなのかな?

なにしろ女の転落&慣れていく姿がひたすら心地いい
これはなんだろうか?
今、気分が最悪の状態で見ているのだが、人の転落が面白いのか、自己投影して自傷感覚に浸っているのかわからない。

とにかく女の気持ちがわかるし共感する。
戻れない橋を渡ったら、この道を私は選んだんだ、この男を愛してるんだと思い込まないと生きていけない。

イ・ハヌィの登場はわらた。
シリアスな場面なのだろうが、一瞬でギャグになる。

ポスターをあんなふうに使えるとは思わなかった。覚えておこう。

とにかく見ていて、女が男に惹かれていくのがわかるなあ、、わかる。。
なぜわかるんだろう、分かっちゃいけないのに。
清楚な女子大生が男に陥れられて売春婦になる、あるねこれは
十分ありうる話。

悪い男に憧れるのはたいがいにしておいたほうがいい。
悪い男は本当に悪いのである。女が傷物になろうがそれでも平気なのだ。

そんなにすぐ死刑も出所も決まらないだろうと思いつつも
こまかいことはいいんだよ!演劇みたいで説明不足でも大丈夫

それにしても本当、悪い男だな!

口を開くと、、、喋らないわけが分かる。

ラストはさわやかな終わり方(嘆きのピエタのような赤い線はない)


いきなりファンタジーになるのは
刺されたシーンからが夢だったりして?

悪い男 映画情報

公開年:2001年
上映時間:100分
原題:나쁜 남자(悪い男)
監督:キム・ギドク

悪い男 キャスト

チョ・ジェヒョン:ハンギ
ソ・ウォン:ソナ 
キム・ユンテ:ジョンテ、ハンギの手下
チェ・ドンムン:ミョンス、ハンギの手下
キム・ジョンヨン:ウネ、風俗店のマダム
ナムグン・ミン:ヒョンス、ソナの恋人
イ・ハヌィ:タルス、ヤクザ
イ・デヨン:財布をネコババされた男

コメント

タイトルとURLをコピーしました