韓国ドラマ『華麗なる遺産』イ・スンギ&ハン・ヒョジュ主演、必ず見るべき名作! (2009年 全28話)

本ページの作品の配信情報は記事投稿日時点のものです。現在は配信されていない場合もありますので、最新の配信状況は必ず公式サイトにてご確認ください。

華麗なる遺産(完全版) コンパクトDVD-BOX1[期間限定スペシャルプライス版]

華麗なる遺産あらすじ

父が大手建築会社を経営しているお嬢様のコ・ウンソン(ハン・ヒョジュ)、アメリカに留学していたところを父に呼び出され、2年ぶりに帰国する。また、大手ソルランタンチェーン店創始者の孫、ソヌ・ファン(イ・スンギ)も祖母(パン・ヒョジョン)に呼び出され帰国する。二人は空港で荷物を取り違えてしまう。ウンソンの母(キム・ミスク)はウンソンの父(チョン・インテク)の再婚相手で派手な生活をしていたが、実はウンソンの父の会社は不渡りを出し、倒産寸前であった。

少々イライラするけど韓国ドラマの醍醐味!最後は丸く収まるのでぜひ安心して見て、おすすめ!

華麗なる遺産 感想

名作として有名のようだし、信頼できる友人のオススメもあってまずは見ないと、ということで視聴。
huluではなぜかカテゴリーがコメディとなっているが、はなっから暗い展開。

障害児の弟、死ぬ死ぬオーラが全開のお父さん。極悪の継母。ちょっと嫌な性格の義理の妹スンミ(ムン・チェウォン)。

主人公ウンソンも、なんだか変な明るさが鼻について好きになれない、

なによりもファンの性格がとにかく酷すぎて引く。
これだけひどい奴だと、後でどれだけ改心しようとも一生許せないだろうと思うのだが、そんな見ているものの気持ちを変えさせるのはさすが韓国ドラマ。

とにかく誤解誤解にいらつき、ウンソンがいちいち呆れ顔で「はぁっ!」と横を向く演技パターンにいらつき、手をひっぱって外に連れ出して振り放すというのにもうんざり。
話してる最中にやたらと携帯が鳴るのもおいおい、すれ違いすれ違いにイライラがつのる。

序盤は連続してみないとなかなか次を見る気にならなくなってしまう。

好きになれない主人公の脇で、一貫して「いいひと」なジュンセさん(ペ・スビン)にはほっとさせられた。
どうみてもイケメンじゃないのだが、イケメンとは雰囲気で作れるものだ。

本来21話だったそうだが、視聴率が良かったため、28話まで延長したという。
それがよくわかるような引き伸ばし回が若干みえみえだった。すっきり21話だったらもっと良かった。

と、いいつつも、なんだかんだでさすがは最高視聴率47.1%だけあって、終盤は引き込まれた。
ラストは怒涛の展開、でもさわやかに。障害児の弟ウヌがマジで天使だった。

鼻につくほどがんばりやさんで目をそむけたくなるほど不幸続きのウンソンにも最後はどっぷり共感し、そしてファンも許せた。演出って素晴らしい。極悪の人間をも許せてしまう。

三大継母の1人、キム・ミスクのこれでもかこれでもかという極悪っぷりもくせになるし、最終回の「その後」がとても救われる展開でよかった。

・・・とにかくいろいろあったが本当にがんばって最後まで見て良かったと思える作品だった。

「悪役にも理由がある」というのがテーマだろうか、つくづく感じる。

韓国ドラマは評判が良いものなら、まず5話までは我慢して見るのが鉄則かもしれない。
少し冗長な部分が残念なので★一つマイナスだけが限りなく5に近い。

華麗なる遺産 情報

公開年:2009年
話数:28話
原題:찬란한 유산(きらびやかな遺産)

華麗なる遺産 キャスト

ハン・ヒョジュ:コ・ウンソン
イ・スンギ:ソヌ・ファン、チンソン食品会長の孫
ムン・チェウォン:ユ・スンミ、ウンソンの義理の姉妹
ペ・スビン:パク・ジュンセ、レストラン経営者
チョン・インテク:コ・ピョンジュン、ウンソンの父
キム・ミスク:ペク・ソンヒ、ウンソンの継母、スンミの母
ヨン・ジュンソク:コ・ウヌ、ウンソンの弟、サヴァン症候群
パン・ヒョジョン:チャン・スクチャ、ファンの祖母、チンソン食品会長
ユ・ジイン:オ・ヨンナン、ファンの母
ハン・イェウォン:ソヌ・ジョン、ファンの妹
チェ・ジョンウ:パク・テス、ジュンセの父、チンソン食品弁護士
イ・スンヒョン:ピョ・ソンチョル、ファン家の執事
ミン・ヨンウォン:イ・ヘリ、ウンソンの友人
チョン・ソグォン:チン・ヨンソク ファンの友人、ライブバー運営
ペク・スンヒョン:イ・ジュニョン、チンソン本店店長
イ・ジョング:ウヌを預かる施設の院長
ムン・ヨンミ:チンソン本店店員
キム・グァンイン:ウンソンが訪ねた不動産屋
イ・ジョンソン:チョン部長、チンソン食品部長
イ・サンフン:工場長
ユ・スンチョル:ファンがソルロンタンを配達した貧しい老人
イ・ウンス:ファンの少年時代  

タイトルとURLをコピーしました