韓国ドラマ『セレブの誕生』感想 – 主役よりイ・シヨン演じるブ・テヒが最高(2010年 全20話)

4.0
本ページの作品の配信情報は記事投稿日時点のものです。現在は配信されていない場合もありますので、最新の配信状況は必ず公式サイトにてご確認ください。

セレブの誕生 DVD-BOXⅠ

セレブの誕生あらすじ

今は貧しくても、生き別れた財閥の父親を探し出せば自分も富豪の仲間入りだと信じて疑わないソクボン(チ・ヒョヌ)は、財閥の息子にふさわしいマナーと知識を体得しながら、父親との出会いのチャンスを求めて高級ホテルで働いいていた。ある日、ホテルを経営する財閥オソングループの娘イ・シンミ(イ・ボヨン)の担当となる。

・・・主人公カップルよりも、悪役が魅力的な作品。

セレブの誕生感想

男版シンデレラ・ストーリー。

貧富の差をコメディタッチに描いたドラマとはいえ、最初あまりの格差差別に嫌気がさして、なかなか見続けることができなかった。

特にシンミのソクボンに対する態度に非常に腹が立つ「財閥の息子ならガンにならない」とか何なの?と。

ソクボンはぱっとしないルックスなのに、背の高さと金持ちを意識した物腰によってかっこ良く見えるから不思議。イケメンは作れる。

反対にシンミの元婚約者、ライバルチュ理事役のナムグン・ミンはイケメンなはずなのに、性格が悪いキャラ設定で全くイイ男に見えなくなってくる。

演技ってすごい。

そして、なによりも、このドラマの魅力はプ・テヒ(イ・シヨン)!!
このドラマがどんなに途中過程でイライラしても、くじけず楽しく見られたのはブ・テヒのおかげである。

イ・シヨンという女優を他のドラマでまだ拝見したことがないが、検索するとアマチュアボクシングの公式大会で優勝したニュースがあり、ますます好きになった。

脇役ではユン秘書(チョン・ジュウン)をめぐる男たちの戦いもいい味をだしていたが、居候のウ・ビョンド(ソン・ジル)が今ひとつうっとうしかった。
最後のオチは笑わせてもらった。

ドリームハイでヘミの子供時代をやっていた子役ナヨン(イ・ジュヨン)が登場。

シンミのお父さんはアクシデント・カップルの局長ほか多数出演のユン・ジュサン。相変わらずハゲているがいい声だ(笑)

テヒの父、ブ会長を演じるキム・ウンスも様々な役を演じる名優だ。

残念だった点は、ソクボンの下宿の一家についての後日談がなかったこと。

ガン設定がいまいち必要かどうか?お金を集めるためにとはいえ、ガンはあんなにあっさりと治らないし、自覚症状が出るほど進行していたら、かなり末期だと思うが。
またお金(一千万ウォン)が用意できなければ治療できなくて死ぬとか、何のガンか言わないと信用されないなど、韓国の常識なのかドラマの設定なのかわからない点があった。

いつのまにシンミはソクボンにぞっこんになったかのかがイマイチ不明だ、描写不足が否めない。

またソクボンが歌うシーンがやたら多く、長いのだが、そんなに上手とも言えなかった。どういう意図があったのか、歌手デビューの予定が?

20話はいらなかったかもしれない。

よって全体的に悪くはないんだけど☆3つで。

ブ・テヒだけは☆5!

セレブの誕生 情報

公開年:2010年
話数:20話
原題:부자의 탄생(富者の誕生)

セレブの誕生 キャスト

チ・ヒョヌ:チェ・ソクボン、オソン(五星)ホテルのベルボーイ
イ・ボヨン:イ・シンミ、財閥オソングループ相続人、本部長
イ・シヨン:プ・テヒ、財閥プホグループ相続人
ナムグン・ミン:チュ理事、財閥フロンティア後継者
ユン・ジュサン:イ会長、シンミの父、オソングループ会長
キム・ウンス:プ会長、テヒの父、プホグループ会長
チェ・ウォノン:プ・テギョン、テヒの弟
パク・ヨンジ:チュ会長、ウンソクの父、フロンティア会長
チョン・ジュウン:ユン秘書(ユン・マルジャ)、テヒの秘書
ソン・ジル:ウ・ビョンド、ソクボンの家の居候
キム・ギバン:パク・ガンウ、ソクボンの同僚
チョン・ハニョン:ガンウの父、オソンホテルクリーニング係
キム・ミギョン:ガンウの母
パク・チョルミン:キム・ダルス、ソクボンの上司、オソンホテルキャプテン
キム・ドンギュン:ユ室長、オソングループ企画室チーム長
チャン・テソン:ハン・ユドン、ソクボンの同僚
チャン・ユジュン:ウ・ブンオ、ビョンドの息子
ミン・ウク:ハ・ジュンテ、テヒの伯父
イ・ウォンジョン:ソクボンの中学の数学教師
イ・ハヌィ:テリア・パク、ドナ代表、世界的デザイナー
チョン・ヘリョン:ウンソクが貸切にしたレストランの支配人
キム・イクテ:オ・チョンマン、鎮安の富豪、イ・ジュンホンの友人
メン・ボンハク:オソングループ社員
キム・グァンイン:スマートカードのマーケティング課長
イ・ゴン:ミョン・ムンデ、スマートカードのマーケティング代理
イ・ジュヨン:ソン・ナヨン、テヒらがボランティアする施設の少女
チョン・ホンテ:ソクボンらが訪ねた楽器店の店主
ホ・ジョンギュ:ナカムラ、日本のRMJ社の契約担当者
イ・ジョンソン:ハ・ジュンテの主治医
ソン・ホヨン:ソクボンの父
チェ・ソンヒョン:スリョン、ソクボンの母
パク・コンテ:ソクボンの少年時代  
キム・ソヒョン:シンミの少女時代  

タイトルとURLをコピーしました