韓国映画『同窓生』感想

3.5
本ページの作品の配信情報は記事投稿日時点のものです。現在は配信されていない場合もありますので、最新の配信状況は必ず公式サイトにてご確認ください。

同窓生COMPLETE EDITION (初回限定生産版) [DVD]

同窓生 あらすじ

ミョンフン(TOP)は、父(パク・ソンウン)が韓国内での工作に失敗し処刑されたことで、妹(キム・ユジョン)と共に北朝鮮の収容所に監禁されていた。

そこで「妹を助けたければ工作員となり韓国で暗殺を遂行しろ」と迫られる。

妹のために承諾したミョンフンは、カン・デホという名で韓国の高校に入学し潜入を開始するのだが…。

同窓生 感想

普通めの切ない北朝鮮工作員アクション。

あぶない奴らのパク・ホンス監督作品。だいぶ毛色が違う。

2009年ソウル

TOPだけ明らかにオーラが違う。

いい声のオム・テグ、永遠の高校生っぽい。
個人的にはもう少し学園パート見たかった。

噴水ショーの橋のところは公園になってるんだね。

こういう役柄ハン・イェリに勝る女優はいないかも。舞踊家だからそれも見れてよかった。
キム・ユジョンのほうが背が高いのが意外だった。

ユン・ジェムンが前髪おろして良さげな刑事なのちょっと違和感(笑)

唐突にドゥカティを乗り回す。

お話しは北朝鮮の工作員モノ。だいたい展開は予想できてしまった。
TOPの演技は悪くなく思える、韓国でも悪いという評価は見えてこない。

アクションも違和感なくこなしている。
前半はとくに疾走感があってよかった、後半が少しぐだぐだしたかな。

悲劇的に終わる以外の展開が見えてこなかったので、ある意味ハラハラしなかったかもしれない。なんで単独行動するん。

悪者のキャストも豪華だったけれど、それほど思い入れが出なかったかな。

画面も綺麗だし、豪華な感じはした。韓国では興行的に振るわなかったらしい。

まあまあかな、タイトルはちょっとこじつけ感あり。

同窓生 映画情報

公開年:2012年
上映時間:112分
原題:동창생(同窓生)
監督:パク・ホンス

同窓生 キャスト

チェ・スンヒョン(BIGBANG TOP):リ・ミョンフン、北朝鮮工作員/カン・デホ、高校生
ハン・イェリ:イ・ヘイン、カン・デホの同級生、いじめられっ子
ユン・ジェムン:チャ・ジョンミン、国家情報院
チョ・ソンハ:ムン・サンチョル、北朝鮮 大佐
キム・ユジョン:リ・ヘイン、ミョンフンの妹
パク・ソンウン:リ・ヨンホ、ミョンフンの父、工作員
チョン・ホビン:北斗星、工作員
イ・ジュシル:ファン・ジョンスク、屋台おばあさん、工作員
キム・ソンギョン:チャン・ミギョン夫人、カン・デホの養母、薬剤師、工作員
カク・ミンソク:キム・ジュナ、カン・デホの養父、工作員
パク・チイル:国家情報院 部長
キム・ミンジェ:眼鏡、工作員、35号室
ソ・グァンジェ:生物教師
オム・テグ:パク・ヨンス、不良リーダー
トン・ヒョンベ:不良仲間
チョン・ドンギュ:国家情報院 院長
チョン・ギソプ:国家情報院 指揮官
ユ・ハボク:北朝鮮幹部、35号室
パク・キルス:宝くじ売店、チェ・イクソン、工作員
キム・ジョンソク:連絡官、35号室
ユ・ジェミョン:キム・ソンミョン、工作員、エレベーターで殺される
カン・ハンナ:ワッフル店 アルバイト

タイトルとURLをコピーしました