韓国映画好きにおすすめの動画配信サイトは?

韓国映画『心の故郷(1949)』感想、フル動画

[PR] 本記事内には広告が含まれています。
本ページの作品の配信情報は記事投稿日時点のものです。現在は配信されていない場合もありますので、最新の配信状況は必ず公式サイトにてご確認ください。
韓国映画ドラマを一番エンジョイできる動画配信サイトは?
動画サイトのこんなお悩み
  • Netflix、アマゾンプライムに、見たい作品が配信されてないとお嘆きの方
  • 見たい作品を見つけたものの、追加料金がかかるとがっかりされた方
  • 家族と共通のアカウントでは履歴が残って嫌だ~と悩まれている方

韓国映画 見放題作品数ナンバーワン(※当管理人が確認した配信サイトの中で)の『U-NEXT』は、月額こそ高いけど、実はコスパもナンバーワン!(※当管理人の感想)

あなたの見たい作品があるかどうか、ぜひ確認してみてください!
お試し期間で何作品見れるかな?

心の故郷 あらすじ

トソン(ユ・ミン)は幼い時に母に捨てられ、寺の住職(ピョン・ギジョン)の手で育てられた幼い僧侶。

彼は寺の仕事をしながら会ったことのない母をいつも恋しがっていた。

そんなある日、子どもを亡くした美しい未亡人が寺を訪れた…。

心の故郷 フル動画

韓国映像資料院の公式動画です

心の故郷 感想

政治的プロパガンダのない映画としての歴史的価値。

韓国で初めて作られた仏教映画だという。
無名の子役が主演というのも韓国が独立して初めてのことらしい。

制作年が新しくなるごとに、当たり前だが視覚効果や画面遷移の技術が向上している。
クロスフェードによる画面遷移や、ピクチャーインピクチャ(画面の中に別の映像)を入れる技術も出てきている。

1949年というと洋画は第三の男、邦画は小津安二郎の晩春。
それに比べると韓国映画のクオリティはまだまだと言わざるを得ないが、丁寧に作られた優しい雰囲気の映画だ。

それにしても子供が可哀想な話はつらい。
仏教思想がベースなので、親の因果が子に報いる。
それは親への戒めの教えだと思うが、何の罪もない子どもが背負うのは不条理だ。

トソンと住職の心の絆があまり描かれていないので、住職がただの意地悪のように思えてしまう。

最後は少し希望が見える表情だが、果たしてトソンは母に出会えるのだろうか、少し絶望的な気もする。

日本帝国の支配から解き放たれ(日本から教え込まれた映画技術すらも)、真の独立(海の母)を得るために不安ながらも明るい表情で一歩を踏み出したともとらえられないか。

トソンがソウルで自由に強く生きていけることを信じる。

この映画を製作したユン・ヨンギュ監督は、朝鮮戦争の勃発(1948)前に北朝鮮に渡ったそうだ。果たしてその選択はどうだったのだろうか。

心の故郷 映画情報

公開年:1949年
上映時間:78分
原題:마음의 고향(心の故郷)
監督:ユン・ヨンギュ

心の故郷 キャスト

ユ・ミン:トソン、幼い僧侶
ピョン・ギジョン:住職
チェ・ウニ:未亡人アン氏

くどいようですが、管理人のイチオシはU-NEXT(ユーネクスト)

10年以上、様々なVODを利用してきましたが、一番満足しているのはU-NEXTです。

U-NEXT

月額が約2000円と、動画配信サイトの中では高いほうなのですが、追加料金なし”見たかった作品”の見放題の数が半端ないので体感的には安いです(※個人の感想です)。

またアカウントを家族で分け合えるので、うちは各自ワリカンにしてコスパも良し。

アニメだけ見たい子供や、スポーツ中継が見たいお父さんも大満足。雑誌の見放題もあってこれ一つあれば退屈しない。

本当におすすめなので、一度体験してみてくださいね!見なくなったら解約もカンタンなので安心ですよ。

(ネトフリは、たまに1ヶ月契約してオリジナルを見だめして解約してます笑)

★★★☆☆Youtube韓国映画近代・現代史