韓国映画好きにおすすめの動画配信サイトは?

オムニバス映画『TOKYO! – シェイキング東京(ボン・ジュノ監督)』感想

3.5
[PR] 本記事内には広告が含まれています。
本ページの作品の配信情報は記事投稿日時点のものです。現在は配信されていない場合もありますので、最新の配信状況は必ず公式サイトにてご確認ください。

TOKYO! [DVD]

フランスのミシェル・ゴンドリー監督・脚本 「インテリア・デザイン」
フランスのレオス・カラックス監督・脚本 「メルド」
韓国のポン・ジュノ監督・脚本 「シェイキング東京」
の3本のオムニバス作品

機内アナウンスやエレベーターなどの声でテンション上がる、出演者は豪華。
何人かの日本人俳優の芝居が演劇のようなわざとらしさだった。もしかしたら母国語だから感じるのかもしれないけど。

TOKYO! – シェイキング東京 あらすじ

10年間引きこもっている男(香川照之)は、部屋を完璧に整頓し、快適な一人暮らしを送っていた。

人と目を合わせることも避けていたがある日、配達に来た女(蒼井優)の太ももにあるスイッチのタトゥーが気になり、ふと顔を見てしまう。

その時、地震が起き、女が気絶してしまうが…。

TOKYO! – シェイキング東京 感想

3本のうちの最後を飾る作品。
1本目、2本目も見たが、このボン・ジュノ作品が群を抜いて優れていると思ったがどうだろう。

美術が綺麗、カメラワークとか最高
ツタの絡む家とかすごいロケ地見つけた。
短編だし、予算もおそらく多くないであろうが、セットやエキストラも手を抜かない。

どこで静止画にしても絵になる構図に色合いの美しさ。

10年の引きこもり生活に関しては、パラサイトにも引き継がれるテーマにも思える。

他の監督作品で違和感があった日本人のキャスティングも、全く違和感がない。

香川照之も自然だし、蒼井優の説得力ある美もさすが。
人が皆引きこもってしまい、配達がロボットになるなど、コロナ社会の今より現実味のあるテーマだ。

少し希望をもたせた絶望的な終わり方もいい。
シナリオの勉強になる。

ボンジュノが監督していなければこのオムニバスすら見ることはなかったが、見て良かった。

TOKYO! – シェイキング東京 映画情報

公開年:2008年
上映時間:111分(3本合計)
監督:ボン・ジュノ(シェイキング東京のみ)

TOKYO! – シェイキング東京 キャスト

引きこもり男:香川照之
ピザ配達員:蒼井優
ピザ店主:竹中直人
荒川良々
山本浩司
松重 豊

管理人のイチオシはU-NEXT(ユーネクスト)

10年以上、様々なVODを利用してきましたが、一番満足しているのはU-NEXTです。

U-NEXT

月額が約2000円と、動画配信サイトの中では高いほうなのですが、追加料金なし”見たかった作品”の見放題の数が半端ないので体感的には安いです(※個人の感想です)。

またアカウントを家族で分け合えるので、各自ワリカンにすればコスパも良し。

アニメだけ見たい子供や、スポーツ中継が見たいお父さんも大満足。雑誌の見放題もあってこれ一つあれば退屈しない。

本当におすすめなので、一度体験してみてくださいね!見なくなったら解約もカンタンなので安心ですよ。

(ネトフリは、たまに1ヶ月契約してオリジナルを見だめして解約してます笑)

U-NEXT★★★☆☆フランス映画パニック・災害人間ドラマ