韓国映画『ハイヒールの男』感想 – チャ・スンウォンが性同一性障害を演じる極上ノワール

4.5
本ページの作品の配信情報は記事投稿日時点のものです。現在は配信されていない場合もありますので、最新の配信状況は必ず公式サイトにてご確認ください。

ハイヒールの男(字幕版)

ハイヒールの男 あらすじ

屈強な肉体と人間離れした格闘技術を持つユン・ジウク(チャ・スンウォン)は暴力団関係者からも恐れられる最強の刑事だった。

しかし、彼は女性になりたいという願望を持つ性同一性障害者だった。

彼はある事件をきっかけに警察を辞職し海外で性転換手術を受けようと決意するが…。

ハイヒールの男 感想

最上級のアクションと華麗な女装、見てよかった!

最高の愛トッコ・ジンなどの男の中の男、男くさい男らしさを醸す俳優チャ・スンウォンが、なんと性同一性障害という意外さ。韓国公開当初から興味を持っていたところ、U-NEXTで配信されていたので見た。

U-NEXT(ユーネクスト)

まず何といってもアクションシーンが素晴らしい、傘のアクション場面はこれだけでもこの映画を見た甲斐があるというもの。

適役のオ・ジョンセのコミカルさの裏の残忍性も非常に良かった。

どうなるかと思っていた女装だが、映画が進行し慣れていくにつれ、本当に美しくなっていくから不思議。

かなり残忍な暴力シーンがあるので、万人におすすめはできないが、チャ・スンウォンのファンはもちろん、韓国ノワールが好きな方には大好物な映画だろう。

最後の結末だけ自分には少し不満だったので星は4つだが限りなく5に近い。

ハイヒールの男 映画情報

公開年:2014年
上映時間:124分
原題:하이힐(ハイヒール)
監督:チャン・ジン

ハイヒールの男 キャスト

チャ・スンウォン:ユン・ジウク、強力係刑事
オ・ジョンセ:ホ・ゴン
イ・ソム:チャンミ、サニー、バーテンダー 歌手
ソン・ヨンチャン:ホ・ブル、ホ・ゴンの異母兄
キム・ウンス:パク班長、麻浦警察署
アン・ギルガン:パク師範
コ・ギョンピョ:キム・ジヌ、刑事
イ・ヨンニョ:パダ、ニューハーフ
イーエル:ドド、ニューハーフ
チョ・ボンネ:ホ・ゴンの手下
パク・ソンウン:ホン検事
ユン・ソナ:チョン・ユジョン
キム・ビョンオク:チン博士
イ・ヘヨン:出国審査職員
キム・ウォネ:エレベーター 住民
チョン・イラン:エレベーター住民

タイトルとURLをコピーしました