韓国ドラマ『IRIS アイリス』感想 – おすすめ

3.5
本ページの作品の配信情報は記事投稿日時点のものです。現在は配信されていない場合もありますので、最新の配信状況は必ず公式サイトにてご確認ください。

m-iris

IRIS アイリス あらすじ

特殊部隊でキム・ヒョンジュン(イ・ビョンホン)とチン・サウ(チョン・ジュノ)は親友だった。

二人は国家安全局の目に留まり最高要員となる。そこで二人の上司のチェ・スンヒ(キム・テヒ)に同時に恋をするが、ヒョンジュンとスンヒは恋人となり、サウは二人を見守る。

ある日ヒョンジュンだけに北朝鮮要人の暗殺という危険な任務が言い渡される。それは彼の運命を狂わせてしまう陰謀だった…。

IRIS アイリス 感想

動画配信サイトに追加されたとき、日本語吹き替えしかなかったため、視聴を一旦やめてしまった。

しかし、あまりのHuluのコンテンツの少なさ、もう見るものが限られている中、我慢して見てみようと視聴開始。
※執筆当時はHuluの韓国ドラマコンテンツがどんどん減らされていた時期。

吹き替えはなんとか慣れたものの、カットの多さには閉口。話が飛びすぎる。
テレビの放映そのままなので仕方ないか。

とはいえ1話でぐいぐい引き込まれた。これは面白い!

面白いドラマがあるという毎日は幸せなものだと、久々に思った。

イ・ビョンホンはやばいね!

よく見るとそれほど美形でもないんだけれど、この人に迫られたら彼氏がいても浮気するだろうなー。という説得力がある。

日本の秋田県がでてきていた。なぜわざわざ秋田なのかの脈絡はわからないけれど、、秋田の観光には一躍買ったのは間違いない。

BIG BANG の TOP がクールなとにかく悪い悪い殺し屋役で出てくるのだが、かっこいいのは間違いない。
が、すごく若い!顔がまだ子供だ!だからもうちょっと怖さの凄味に欠けていたか。

ハッカーの女の子といつどうして?おそらくカットが多かったのだが唐突な感じが否めなかった。
そしてあの結末は、びっくり。

自分はキム・テヒよりも、北朝鮮工作員役のキム・ソヨンのほうが好きだったな。応援していたよ。
それにしても、北朝鮮の人にあんなファッショナブルでスタイリッシュな感じの人はいるんだろうか?

とにかく寝不足になりながら見た久々のヒット。

ところどころ、国家機密を守るNSSがかなり間抜けていて、ツッコミどころは多々あるものの、それもご愛嬌。

仕事終わりに上司とカラオケに行ったり、パーティー帽?かぶって誕生日を祝いに行くところなどは韓国独特というか目がテンになった。

・・・ただ、、ラスト。。

なんですとーーーー!

という感じでかなり切ない。そしてモヤモヤが腫れてないことが多すぎる。

人質のこととかかなり無理のある設定もあったし。

ドラマは、終わりよければ全て良し。その反面終わりが悪いとかなり残念。

続編のための伏線でもあるようだが、アイリス2はHuluには無し、追加される気配もなさそうだ。

でも、全体的には良い作品だったと思う。★はラストよければ4行ったのだが。

IRIS アイリス ドラマ情報

公開年:2009年
話数:20話
原題:아이리스(アイリス)

IRIS アイリス キャスト

イ・ビョンホン:キム・ヒョンジュン、国家安全局(NSS)最精鋭要員
キム・テヒ:チェ・スンヒ(ハン・ジナ)、NSS対テロ室チーム長、プロファイラー
チョン・ジュノ:チン・サウ、NSS要員、ヒョンジュンの親友
キム・スンウ:パク・チョリョン、北朝鮮警護チーム長
キム・ソヨン:キム・ソンファ、チョリョンの右腕、北朝鮮工作員
チェ・スンヒョン(BIGBANG TOP):ビック、ヒョンジュンを狙う殺し屋
キム・ヨンチョル:ペク・サン、NSS副局長→局長
ユン・ジュサン:オ・ヒョング、NSS科学捜査室長
ユン・ジェムン:パク・サンヒョン、NSS対テロ室長
ヒョン・ジュニ:ヤン・ミジョン、NSS対テロ室要員、天才ハッカー
イ・ジョンギル:チョ・ミョンホ、韓国大統領
チョン・ハニョン:チョン・ヒョンジュン、韓国大統領秘書室長
キム・ガプス:ユ・ジョンフン、ヒョンジュンの父の友人、アイリスに対抗
チョン・ホビン:カン・チョルファン、国情院取調官
リュ・スンニョン:アイリス傭兵の首長
デイビット・マッキニス:デビット、アイリス傭兵
白竜:ヤマモト・タカシ、テロリスト
チョン・マンシク:山口鉄也、ヒョンジソュンが訪ねた武器商人

タイトルとURLをコピーしました