韓国映画『王の願い ハングルの始まり』感想

4.5
本ページの作品の配信情報は記事投稿日時点のものです。現在は配信されていない場合もありますので、最新の配信状況は必ず公式サイトにてご確認ください。

王の願い ハングルの始まり(字幕版)

昨日と連続で世宗大王映画、U-NEXTの毎月ポイントで視聴。

昨日紹介した世宗大王 星を追う者たちと、ほぼ同時期に公開されたもの。
当時、見た方たちの間では星を追う~のほうは評価が良かったのに対し、こちらはあまり芳しくなかった記憶がある。

われらがソン・ガンホが王様の映画では、『王の運命-歴史を変えた八日間-』で、息子の世子を米櫃に閉じ込めた英祖を演じたのが非常に印象に残っている。(映画自体もすごくよかった)

今日鑑賞した、王の願い~も、キャラクター的にはだいたい同じような感じ。
そこへ、今回はパク・ヘイルが、ハングル創成を手伝った僧侶として登場し、スパイスをきかせている。

ハングル創生モノはドラマを含めていくつか見てきたが、それぞれ切り口が違っているし、主要人物が異なっていて面白い。

儒教が幅を利かせていた朝鮮王朝では、仏教は卑しいものとして隅においやられていた。
一方、日本では仏教隆盛(はっきり時期を調べていないがたぶん南北朝足利時代くらい?)
日本からの僧侶たちが冒頭に登場するのだが、この日本語がかなり流暢でおどろいた。山野内扶(たすく)という日本人の俳優のようだ。
最近の韓国映画も、日本語の監修がしっかりしてきているのだと思う。

ただ、念仏を唱えるように「南無阿弥陀仏朝鮮国は約束を守れ」にはちょっと笑ってしまったが・・・

それからサンスクリット語の会話もおもしろかった。自分はヒンドゥー語をほんのちょっとだけかじったがなんとなく聞いたことがある単語があるような気がした。
また、経を唱える役の僧侶(タン・ジュンサン)の声が非常に美しく、そのフロウ(笑)にしばし聴きほれてしまった。もっと聴きたいくらい。
ミュージカル出身俳優ということでさすがだ。

ハングルは普及しているので、最後の結果がどうなるかはわかっていても
映画のストーリーがどうなっていくか最後まで楽しく(切なく・もどかしく)鑑賞できた。

少なくとも自分は評価がよくない、とは思えなかった。

最後に、これがチョン・ミソン女優様の遺作となってしまったことが残念です。
あなたの美しい姿、これからも残された作品の数々を見続けたいと思います。

↓管理人おすすめ動画配信サービスランキング
U-NEXT(ユーネクスト):韓国映画・韓国ドラマが見たいなら一押し
韓流LP

韓国映画の見放題(追加料金なし)の配信数がナンバーワンのU-NEXT
※サイト管理人が利用したサイトの中において

月額料金はちょっとお高めですが、毎月もらえるポイントで有料新作映画も視聴可能です。

dTV(ディーティービー):コスパ最高、韓国ドラマもたっぷり
★韓国ドラマ

動画配信サービスの月額料金が気になる方は、お値打ち価格のdTVから試してみるのもいいかも。
韓国映画の見放題配信数はちょっと少なめですが、韓国ドラマはたくさんあります。

他の配信サイトにはない韓国映画も何本かあるので要チェック。※管理人調べ
※サイト管理人が利用したサービスの中において

hulu(フールー):他で配信されていない韓国映画も多い
韓流バナー

配信数はU-NEXTよりも少ないですが、韓国映画に力を入れているようで、他の動画配信サービスとかぶっていない作品がけっこうあります。
※管理人調べ

どんな作品が見放題配信されているか、ぜひ確かめてみてください。

U-NEXT★★★★☆時代劇・歴史韓国映画
韓demand
タイトルとURLをコピーしました