韓国ドラマ『夏の香り』感想 – 四季シリーズの中ではさわやかだけど、いまひとつ、コンプリ目的以外はいまさらおすすめしないかな

2.5

この作品は、hulu(フールー)で見ました。

本ページの情報は記事執筆時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

夏の香り DVD-BOX 1

夏の香り あらすじ

幼い頃から心臓病を患ったシム・ヘウォン(ソン・イェジン)は交通事故で死んだ女性の心臓を移植された。

移植された心臓の持ち主、ソ・ウネ(シネ)が愛した男性、ユ·ミヌ(ソン・スンホン)に会うたび、ヘウォンの心臓はときめくが、ヘウォンにはすでにパク・チョンジェ(リュ・ジン)という婚約者がいた。

夏の香り感想

四季シリーズの中ではもっとも爽やかと言われている本作。この夏のうちに見ておきたかった。

結果は、うーん。。久しぶりにハマってみた分、ラストが全く自分としては不満なので、評価は低くせざるを得ない。

春のワルツ秋の童話と同様、イライラする四角関係、それ自体は良い。

ライバル・パク兄妹の意地悪さもなかなかドロドロとよかった。

が、ミヌ&ヘウォンの二人の「勝手に思い込み」「傷つけたくない」「別れる」「戻る」のイライラ感。

結局二人は自分らさえよければいいのか。。。

もう王道がうっとうしい。
まあこれが嫌いなら韓ドラ見れないけれど…。

ウネの両親がかわいそうだ。。

デプン先輩(アンジョンフン)とジャンミ(チョ・ウンスク)がとにかく明るくいい人で、この二人が救いで見続けられたかもしれない。

アン・ジョンフンは、19の純情のダメ婿コ君ね。
ちょいと太ってたね。あと、ムスリムか!という格好がなかなか味わい深かった。

チョ・ウンスクは、プレジデントのアル中のイニョンの母ね。

それにしてもソン・スンホンのスギちゃんみたいな袖裁ち落としルックはひどかった。。イケメンでもあの格好はやばいね。

ラストさえ、すとんと納得行く形でまとめてくれたらなー。もっと評価上がったのに。。
だって、あのあと結局二人は不倫・・・???

ただ、だれも死なないので、精神的には安心して見れるかも。

本当は20話あるらしく、18話は日本版カットだそうだ。
でもこれが長かったらイライラ時間が増えるだけで評価はあまり上がらないかも。。

ただ、映像はさすがというほどとても綺麗。計算され尽くした構図はさすが。

あとは四季シリーズ、自分の未視聴は冬ソナだけ。(現在は視聴済み)

夏の香り 情報

公開年:2003年
話数:20話
原題:여름향기(夏の香り)

夏の香り キャスト

ソン・スンホン:ユ・ミヌ、アートディレクター
ソン・イェジン:シム・ヘウォン、フローリスト、心臓移植者
リュ・ジン:パク・チョンジェ、ヘウォンの幼なじみ、婚約者
ハン・ジヘ:パク・チョンア、チョンジェの妹、ミヌに片想い
キム・ヘスク:ミヌの母
キム・ヨンゴン:チョンジェの父
ユン・ガプス:ミヌに殴られた
チョン・スンホ:ミヌとウネがペンダントを買った店の店主
キム・テヨン:ヘウォンの担当医
キム・グァンイン:チョンジェの救助船の要請を断った人
チュ・プジン:ヘウォンが泊まったヒャン島の宿の女将
カン・ジファン

タイトルとURLをコピーしました