韓国ドラマ『白い巨塔』感想 – おじさんパラダイス (2007年 全20話)

5.0

この作品は、hulu(フールー)で見ました。

本ページの情報は記事執筆時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

白い巨塔 DVD-BOX1(韓国TVドラマ)

白い巨塔 あらすじ

日本でも何度もドラマ化された山崎豊子著 小説「白い巨塔」の韓国版リメイク。最高の腕を持ち、患者の気持ちよりも自らの野心を満たそうとする外科医のチャン(キム・ミョンミン)とその友人で良心を持つ内科医チェ(イ・ソンギュン)を中心に、韓国の医学界を背景にした病院の裏側や医療訴訟を描く。日本版であらすじをほとんど知っていても楽しめた。見ている側も愛憎入り乱れた心情でチャンの生き様から目が離せない。リメイクの枠を超えて素晴らしいドラマ。

白い巨塔 感想

別名:オジサン☆パラダイス(シリアスなドラマです)

おじさん好きにはたまらない(笑)これで自分も韓国の脇役オッサン俳優にどっぷりとはまってしまった。

主人公の配役は唐沢寿明&江口洋介バージョンになんとなく似せている。
原作に忠実なので話の内容はほぼわかっていたが、本当に良かった。最高の演技力をもつ俳優陣たちによって完璧な仕上がりとなっていた。

3話くらいまではあまりはまり込まず楽に見ていたのだが、7話くらいからは止められないほどいっきにのめり込んだ。

科長選挙ではチャン先生を応援していたが、裁判編ではあまりの憎らしさに早く死んでしまえと思う。けれどやっぱり最後は・・・。
壮絶な演技はまさに本物のよう、脚本家にまんまと感情ををコントロールされてしまうのを感じる。

原作に忠実ではありながら、オリジナルなテイストももりだくさん。
リメイク版だからこそ、純粋に韓国ドラマの演出と縁起のクオリティがわかる逸品。ぜひ見てほしいと思う。

白い巨塔 情報

公開年:2003年
話数:20話
原題:하얀 거탑(白い巨塔)

白い巨塔 キャスト

キム・ミョンミン:チャン・ジュンヒョク、外科医、助教授
イ・ソンギュン:チェ・ドヨン、消化器内科医、助教授、ジュンヒョクの友人
チャ・インピョ:ノ・ミングク、国際派医師、教授、ハーバード出身
ソン・ソンミ:イ・ユンジン
キム・ボギョン:カン・ヒジェ、ジュンヒョクの愛人
キム・チャンワン:ウ・ヨンギル、副院長
イ・ジョンギル:イ・ジュワン、外科長、ユンジンの父
ピョン・ヒボン:オ・ギョンファン、解剖病理科長、ドヨンの師
イム・ソンオン:ミン・スジョン、ジュンヒョクの妻
チョン・ヨンスク:ジュンヒョクの母
ヤン・ヒギョン:ホン・ソンヒ、ヨンギルの妻
パク・ヨンジ:オ・ナムギ、韓国外科学会長
イ・ヒド:ユ・ピルサン、医師会会長
チョン・ハニョン:ミン・チュンシク、スジョンの父、ミン院長
チョン・ギョンホ:クォン・スンギ、クォン・スンイルの弟
イ・ムセン:クォン・ヒョンジン、クォン・スンイルの息子
ソン・ビョンホ:キム・フン、クォン・スンイル側の弁護士
キ・テヨン:ヨム・ドンイル、クォン・スンイルの担当外科医
キム・ジョンハク:イ・ジェミョン、病院側の弁護士
チェ・ヨンミン:ユン・ソクチャン、病院側の弁護士、キム・フンの先輩
チャン・ヒョンソン:チョ・ミョンジュン、控訴審の病院側の弁護士
ハン・サンジン:パク・ゴナ、外科医、ジュンヒョクの後輩
パク・ヒョックォン:ホン・サンイル、外科医、ジュンヒョクの後輩
チャン・ソヨン:ユ・ミラ、元看護師、妊婦
キム・グァンイン:外科長選挙の進行役
シン・グィシク:ウォン先生、イ科長の友人

タイトルとURLをコピーしました