韓国映画『傷だらけのふたり』感想 – 不器用なチンピラの愛に泣かされる

4.5
本ページの作品の配信情報は記事投稿日時点のものです。現在は配信されていない場合もありますので、最新の配信状況は必ず公式サイトにてご確認ください。

傷だらけのふたり(字幕版)

傷だらけのふたり あらすじ

高利貸しの取立てをしているテイル(ファン・ジョンミン)は、一見粗野で乱暴者だが、実は情に厚いお人よしな一面を併せ持つ。

ある日、昏睡状態に陥った男性の借金を、その娘で銀行員のホジョン(ハン・ヘジン)に肩代わりさせたテイルだったが、その娘に一目惚れしてしまう。

何とか彼女に気に入られたいテイルは、借金を帳消しにする代わり、自分と何度かデートする契約を結ぶ。

初めは横暴なテイルに拒絶反応を示していたホジョンだったが、次第にテイルに心を開いていく。

傷だらけのふたり 予告

借金取りと銀行員に恋の予感!映画『傷だらけのふたり』予告編

傷だらけのふたり 感想

きゅんきゅんピュアな純愛

原題は『男が愛するとき(남자가 사랑할 때)』こっちのほうがしっくりくる。

新しき世界』の助監督だったハン・ドンウク監督の長編デビュー作という。

ファン・ジョンミン祭りの流れで、アマゾンプライムの見放題で鑑賞。

カメレオン俳優ファン・ジョンミンが、不器用なチンピラを完璧に演じる。

自分はどちらかというと純愛ものは苦手なのだが、主人公二人の可愛さにすっかりはまってしまった。

いやな方向に話が流れて少しイライラしたがそれも脚本家の手の内で踊らされていたに過ぎない。

大傑作というほどでもないが、素直な気持ちになって見ることができる心洗われる作品。

二人の恋だけでなく、兄弟愛、親子愛、叔父と姪の愛など、家族の愛も絡み合う。

自分は泣かなかったが、涙腺の弱い人は見るときと場所にお気をつけてどうぞ。

ファン・ジョンミン好きならもれなく必見の一作。

傷だらけのふたり 映画情報

公開年:2013年
上映時間:120分
原題:남자가 사랑할 때(男が愛する時)
監督:ハン・ドンウク

傷だらけのふたり キャスト

ファン・ジョンミン:ハン・テイル、借金取り立て屋
ハン・ヘジン:チュ・ホジョン、水産協同組合銀行員
ナム・イル:テイルの父
カク・トウォン:ハン・ヨンイル、テイルの兄、理容院
チョン・マンシク:チャン・ドゥチョル、テサン実業 社長、借金元締め
キム・ヘウン:ミヨン、テイルの義姉
カン・ミナ:ハン・ソンジ、テイルの姪
キム・ホンパ:健康院 パク氏
ファン・ビョングク:チキン店 ヤン氏
キム・ビョンオク:牧師
ナム・ムンチョル:チョ刑事、群山警察署
パク・チファン:チンピラ
キム・ジョンス:刑務所 保安課長
パク・サンフン:水産協同組合銀行代理
パク・ソンウン:理髪店の客、チンピラ

タイトルとURLをコピーしました