韓国映画好きにおすすめの動画配信サイトは?

韓国映画『オールド・ボーイ』感想 – 名作、想像するほど怖くないから大丈夫

4.0
[PR] 本記事内には広告が含まれています。
本ページの作品の配信情報は記事投稿日時点のものです。現在は配信されていない場合もありますので、最新の配信状況は必ず公式サイトにてご確認ください。
韓国映画ドラマを一番エンジョイできる動画配信サイトは?
動画サイトのこんなお悩み
  • Netflix、アマゾンプライムに、見たい作品が配信されてないとお嘆きの方
  • 見たい作品を見つけたものの、追加料金がかかるとがっかりされた方
  • 家族と共通のアカウントでは履歴が残って嫌だ~と悩まれている方

韓国映画 見放題作品数ナンバーワン(※当管理人が確認した配信サイトの中で)の『U-NEXT』は、月額こそ高いけど、実はコスパもナンバーワン!(※当管理人の感想)

あなたの見たい作品があるかどうか、ぜひ確認してみてください!
お試し期間で何作品見れるかな?

オールド・ボーイ (字幕版)

オールド・ボーイ あらすじ

ごく平凡な生活を送っていたオ・デス(チェ・ミンシク)はある日突然誘拐され、15年間監禁される。

解放された後に出会った美女ミド(カン・ヘジョン)とともに、監禁された理由を解き明かし、復讐を試みる5日間の物語。

オールド・ボーイ 感想

「復讐者に憐れみを」、「親切なクムジャさん」とともにパク・チャヌク監督の復讐3部作。
原作は土屋ガロン作、嶺岸信明画による漫画。

2004年カンヌ国際映画祭グランプリを受賞。タランティーノが絶賛したバイオレンス・アクションとのこと。

見るのが怖かったが、予想していたよりもだいぶ面白く、それほど嫌な気分にもならなかった。
むしろ画面の美しさを堪能し、敵役イ・ウジンを演じたユ・ジテにときめいたのは収穫だった。

カンヌ、そしてタランティーノとくれば、だいたいいやーな後味のものを想像する。
特に「カンヌ出品作」というのどうも眉唾な先入観を持っている自分だ。

意味もなく暴力とセックスが描かれて、構図に凝って色フィルターかけ、わけのわからない展開にすれば芸術作品の出来上がり、という安易な印象を持ってしまっている。
現に、最近見た国際映画祭出品作の某作品(韓国映画ではない)を見て、思った通りの出来にゲンナリしていたところだった。

正直、Huluの配信期限でなければ、後回しにしてきた作品だ。

だが、さすがにグランプリ受賞作となるとやはり違った。

バイオレンスもエロも必然性がある。
そして、暴力描写にも工夫が有り、弱い自分でも、ギリギリ目をそらさずにいられた。

なにより主演チェ・ミンシクがすごい。
この映画中で、10キロの体重コントロールをし、監禁前と後で全く違う印象の人物を演じた。

シュリの北朝鮮兵、親切なクムジャさんの殺人鬼と、ダークな役柄でその姿を見てきたが、この映画ではコミカルな側面を見せる。

最近、ケーブルテレビのバラエティ番組で、ファン・ジョンミンと和気あいあいと出演していて可愛かった、本当は面白いおじさんのようだ。

正直なところ○○が○というのは、自分は最初にそう思ってしまったのだが、それでも圧倒的な理由と展開で押し切られ、ストーリーを堪能できた。

印象的なセリフ
「そんなことで?」

「ただ、忘れたんだ。他人ごとだから」
が、脳裏に焼き付いて離れない。

復讐3部作の中では、親切なクムジャさんよりも、オールド・ボーイのほうが好きだ。
(ただし、パク・チャヌク監督作品ではJSAが一番好きだし、入門としてはおすすめだ。)

ガーンときて、すっと余韻を残す、絶妙なラストは、自分にとっては胃もたれしそうな後味を良くした。

好みが別れるものだと思うので、無理にはおすすめしないが、韓国映画を抑えたい人にはぜひ見るべき作品だと思う。

オールド・ボーイ 映画情報

公開年:2003年
上映時間:120分
原題:올드 보이(オールド・ボーイ)
監督:パク・チャヌク
原作:土屋ガロン作 嶺岸信明画「ルーズ戦記 オールドボーイ」

オールド・ボーイ キャスト

チェ・ミンシク:オ・デス
ユ・ジテ:イ・ウジン
カン・ヘジョン:日本料理店 地中海 料理人
キム・ビョンオク:ハン室長、イ・ウジンの部下
チ・デハン:ノ・ジュファン、オ・デスの友人
オ・ダルス:パク・チョルウン、監禁部屋主人
イ・スンシン:ヒョンジャ、催眠術師
ユン・ジンソ:イ・スア、ウジンの姉
オ・テギョン:少年 テス サンノク高校
ユ・ヨンソク(アン・ヨンソク):少年 ウジン
ユ・イラン:少年 チュファン
オ・グァンノク:自殺する男
イ・デヨン:物乞い