韓国映画『ビューティー・インサイド』感想 – ラブロマンスの大傑作、おすすめナンバーワン

4.5
本ページの作品の配信情報は記事投稿日時点のものです。現在は配信されていない場合もありますので、最新の配信状況は必ず公式サイトにてご確認ください。

ビューティー・インサイド(字幕版)

ビューティー・インサイド あらすじ

家具デザイナーのウジンは、18歳の時から毎日目覚めると別人になる体質になっていた。それを知っているのは母と親友だけ。

ある日、アンティーク家具屋の店員であるイス(ハン・ヒョジュ)に一目ぼれしてしまう。

彼女に会いたい一心で、毎日はじめて来た客のようにふるまって家具店に通うが、イケメンになったタイミングで告白する決意をする…。

ビューティー・インサイド 予告動画

映画『ビューティー・インサイド』日本オリジナル予告編

ビューティー・インサイド 感想

朝起きるたびに別人になるという、無理がありすぎる設定ながらも、非常に見やすくて感情移入しやすい。

史上稀に見るであろう123人一役。日替わり豪華俳優陣に目移りがして楽しい。

そしてハン・ヒョジュの際立つ可愛さ。

日本人女優も出演。

機内フライトで見ると楽しい映画という感じ(褒め言葉)。

無駄と思えるシーンも一切なく、本当に楽しめた。
誰にでもおすすめできる一作!

ビューティー・インサイド 映画情報

公開年:2015年
上映時間:126分
原題:뷰티 인사이드(ビューティ・インサイド)
監督:ペク・チョンヨル

ビューティー・インサイド キャスト

ハン・ヒョジュ:ホン・イス、アンティーク家具ママスタジオ店員
キム・デミョン:ウジン001
ペ・ソンウ:ウジン033
パク・シネ:ウジン043
イ・ボムス:ウジン045
パク・ソジュン:ウジン060
キム・サンホ:ウジン061
チョン・ウヒ:ウジン064、ハン・チェギョン
上野樹里:ウジン074
キム・ミンジェ:ウジン078
イ・ヒョヌ:ウジン081
チョ・ダルファン:ウジン082
ソ・ガンジュン:ウジン092
キム・ヒウォン:ウジン093
イ・ドンウク:ウジン100
コ・アソン:ウジン101
ユ・ヨンソク:ウジン123

イ・ドンフィ:ハン・サンベク、ウジンの親友
ムン・スク:ウジンの母
イ・ギョンヨン:ウジンの父
チェ・ヨンミン:ホン・イスの父
イ・ミド:ホン・ウンス、ホン・イスの姉
シン・ドンミ:室長、ホン・イスの上司

タイトルとURLをコピーしました