LGBTQ

LGBTQ

韓国映画『アンティーク ~西洋骨董洋菓子店~』感想

日本の漫画、よしながふみ「西洋骨董洋菓子店」が原作。自分は未見である。 主演はチュ・ジフンとキム・ジェウク、そしてユ・アインも出てきて 子役も今は順調にイケメンとなったヨ・ジングというイケメン尽くし。 (チェ・ジホだけ知らなかったの...
U-NEXT

韓国映画『Mr.ハート』感想

U-NEXTの映画カテゴリにあったのだが、どうもスペシャルドラマ的な作品のようだ。 主演の二人は寡聞にして存じ上げないが、アイドルの子なのかな? 自分はほとんどBLドラマは見たことがない。嫌いというわけでは決してなくて、作品に巡り合...
LGBTQ

韓国映画『王の男』感想

王の男 あらすじ 16世紀初頭の朝鮮。 旅芸人のチャンセン(カム・ウソン)とコンギル(イ・ジュンギ)は、国で1番の芸人になろうと漢陽に訪れる。 2人は悪評高い王・燕山君(チョン・ジニョン)をからかった芝居で民の人気を得るが、噂を耳...
Gyao

韓国映画『スカーレット・レター』感想

スカーレット・レター あらすじ ある日、とある写真館の店主が頭を割られ惨殺される。 事件を担当することになったギフン刑事(ハン・ソッキュ)は、現場に血まみれで立ち尽くしていた妻ギョンヒ(ソン・ヒョナ)を容疑者と疑い捜査を開始する。 ...
Netflix

韓国映画『ソウルへGO!!』感想 – 80年代、青春、多様性、フェミニズム、親子愛など等、多彩なメッセージ特盛りセット、面白い!

ソウルへGO!! あらすじ 1986年、移民や養子によって海外で生まれ育った韓国系の少年少女たちを集めたサマーキャンプが開催された。 育った環境によって韓国人とは違った感性を持つ彼らが、自分のアイデンティティを ソウルへGO!! ...
LGBTQ

韓国映画『カメリア』(韓国・日本・タイ オムニバス)感想 – ソル・ギョング、カン・ドンウォン、吉高由里子、ソン・ヘギョ、俳優目的で観るなら、まあ…

カメリア 映画情報 2010年の釜山国際映画祭の閉幕式の作品として、タイ・日本・韓国の3監督が釜山を舞台にした過去・現在・未来のラブストーリーを合作したオムニバス。 同年日本でも東京国際映画祭で上映された。 公開年:2010年 上映...
Netflix

韓国映画『霜花店(サンファジョム) 運命、その愛』感想 – 豪華絢爛コリアンエロス時代劇を見たい方にはおすすめ

霜花店(サンファジョム) 運命、その愛 あらすじ 高麗末期、恭愍王(チュ・ジンモ)は、元の政治的干渉に悩んでいた。 そんな王に幼い頃から仕えてきた近衛部隊の隊長ホンニム(チョ・インソン)は、王が最も信頼する部下であり、男しか愛せない...
円盤その他

韓国映画『ロード・ムービー』感想 – ファン・ジョンミンが同性愛のホームレスを演じ青龍映画祭新人賞、おすすめ

ロード・ムービー あらすじ 粗野な男、テシク(ファン・ジョンミン)、彼は男を愛するホームレスだ。 一時はヒマラヤを夢見る登山家であったということ以外、誰も彼の過去を知らない。 ある日、テシクは道で酒に酔い倒れていた一人の男に会う。...
Abema

韓国映画『お嬢さん』感想 – えろくて綺麗な世界、日本語の拙さが気になる

お嬢さん あらすじ 舞台は1939年の朝鮮半島。支配的な叔父と、膨大な蔵書に囲まれた豪邸から一歩も出ずに暮らす令嬢・秀子(キム・ミニ)のもとへ、新しいメイドの珠子こと孤児の少女スッキ(キム・テリ)がやってくる。 貧民街で詐欺グループ...
LGBTQ

韓国映画『ハイヒールの男』感想 – チャ・スンウォンが性同一性障害を演じる極上ノワール

ハイヒールの男 あらすじ 屈強な肉体と人間離れした格闘技術を持つユン・ジウク(チャ・スンウォン)は暴力団関係者からも恐れられる最強の刑事だった。 しかし、彼は女性になりたいという願望を持つ性同一性障害者だった。 彼はある事件をきっ...
タイトルとURLをコピーしました