韓国映画『ただ君だけ』感想 – 2011年 105分

4.0
当ブログにはアフィリエイトプロモーションリンクが含まれています。
本ページの作品の配信情報は記事投稿日時点のものです。現在は配信されていない場合もありますので、最新の配信状況は必ず公式サイトにてご確認ください。

ただ君だけ (字幕版)

ただ君だけ あらすじ紹介

かつては将来を期待された格闘家だったチョルミン(ソ・ジソプ)は、昼間はミネラルウォーターの配達、夜は駐車場の料金所で働いていた。

ある雨の夜、料金所に入ってきた目が不自由な美しい女性、ジョンファ(ハン・ヒョジュ)と出会い、徐々に惹かれあっていく。

ある日、ジョンファは自宅で職場の上司から襲われそうになり、通りがかったチョルミンに助けられる。

急速に二人の距離は縮まるが、チョルミンには刑務所に服役していた過去があった。

ただ君だけ 感想

韓国人気2大スターの共演。陰のある男をソ・ジソプが、障害があっても明るい女性をハン・ヒョジュが絶妙に演じている。

一見女性向けの正統派純愛ラブストーリーかと思いきや、格闘技の裏社会をこれでもかと暴力的に描き抜く韓国映画ならではの硬派な描写もあり。

映画という短い時間のなかで、ジョンファ(女性)視点とチョルミン(男性)視点の二つの世界をもてあますところなくしっかりと組み込んである良作だ。

自分は感動して泣けるといったことはなかったが、最初のシーンからのさわやかな純愛映画とあなどっていると、いい意味で裏切られる見ごたえのある作品だ。

ロケ地として頻繁に使われる壁画村を舞台にしたり、画面の作りも美しい。

どうなるかと思うのだが、辛い映画をみるのが嫌な方のためにちょっとだけネタばらし。
『良い終わり方』をするのぜひで安心して見てほしい。

男性にも女性にも満足できる、デートにぴったり、後悔のない一作。

ただ君だけ 映画情報

公開年:2011年
上映時間:105分
原題:오직 그대만(ただ君だけ)
監督:ソン・イルゴン

ただ君だけ キャスト

ソ・ジソプ:チャン・チョルミン、ボクサー
ハン・ヒョジュ:ハ・ジョンファ、テレマーケター、盲目
カン・シニル:チェ館長、ソンサンヒョ体育館
パク・チョルミン:パンコーチ、ソンサンヒョ体育館
ユン・ジョンファ:ミン・テシク、ボクサー
オ・グァンノク:パク・チャンス
キム・ジョンハク:マ チーム長、チョンファの上司
キム・ミギョン:ヨアンナ修道女
チョ・ソンハ:チェ室長、拳闘賭博ブローカー
チン・グ:工房社長
ホラン:歌手
アレックス:歌手

タイトルとURLをコピーしました