韓国映画『レッド・ファミリー』感想 – 北朝鮮工作員を題材に家族の大切さを描いて泣けるおすすめ

4.0
本ページの作品の配信情報は記事投稿日時点のものです。現在は配信されていない場合もありますので、最新の配信状況は必ず公式サイトにてご確認ください。

レッド・ファミリー(字幕版)

レッド・ファミリー あらすじ

一見理想的に見える4人家族、実は北朝鮮から潜入した工作員、”ツツジ班”が、家族を偽装していたのであった。

任務のためなら赤ん坊すら手にかける冷徹非情な北の戦士。

しかし、隣に住んでいる家族と接していくうち、心は揺らいでいくのだった…。

レッド・ファミリー 感想

変な映画を作るキム・ギドク監督が、脚本を担当。
俳優は俳優だ、もそうだったが、別の監督が手掛けると、自分のような素人目には、ずいぶん映画がライト感覚で見やすくなる。

この映画は、ほのぼのとしたコメディタッチで話が展開する。
愛の不時着もそうだが、北朝鮮の人間が韓国に入ってくると、そのギャップに戸惑う姿を描くだけで鉄板のギャグができる。

この映画でも、主人公たちはもちろん、緊迫感のある適役(監視役)ですら、アイドルのテレビを見ているなど、ユルい感じが可愛いという感情すら抱く。

日本人の自分にとっては、全てがフィクションとして思えるが、(とはいえ、だいぶ韓国映画に染まってきたので、現実味をある程度持って見ているが…)韓国人にとっては、実際に何万人もいると言われている工作員が、もしかしたら自分の隣人かもしれないという緊迫感を持って受け入れられるのだろうか。

空想現実の動物、たとえばオバケやカッパやツチノコみたいなものではなく、たとえば隣の人が殺人犯かもしれない、というくらいの程度で認識されているのかもしれないな、と思ったりする。

それに、実際の脱北者もたくさんいるわけなので、その人たちに取材することも可能だろう。
おそらくは、こういった韓国で作られる北朝鮮工作員を題材にした映画は、かなりの信ぴょう性を持って描かれているのだろうと考える。

そしてその上で、各自監督が味付けをするわけだ。
キム・スヒョンが演じたシークレットミッションは、少し頭の足りない男のふりをしたイケメンであったり。。

で、この映画である。
この映画の”赤い家族”は、全員が赤の他人なのだが、家族のふりをして生活をする。

その芝居は完璧だ。
北朝鮮訛を封印し、普通の韓国人家族として、周囲は誰も疑わない。

娘のミンジのように、若い女の子もいるのだろうか?
リーダーが年長者でなく、母親役の女ということも面白くしている。

4人だけのときに、北朝鮮の言葉になり、立ち居振る舞いもビシっとするところの演じ分けもバッチリ。

序盤にかなりひどいことをするのだが、それによって生じる動揺が、4人の完璧な仕事にヒビを発生させていく…。

この北朝鮮家族と対照的で、物語のカギを握るのが、典型的な韓国家族である隣人の存在。

息子のチャンスは見たことあるぞ、と思ったら、キム・タックの子(オ・ジェム)じゃないか。
イケメンになってと思って調べてみたが、この作品以降は映画出演もないようだ。学業に専念などかな?

どうしようもないことでケンカする隣人の夫婦。最初は嫌悪感を持って見ているのだが、だんだんと交流するうちに関係が構築されていってしまう。
これは、南北関係にも通じる皮肉なのかもしれない。

劇中、映画を見るシーンで、キムギドク脚本作品のプンサンケが出ているのが笑った。
これは南北映画の中でも超おすすめなので、見てない方は見ていただきたいのだが、3時間で南北を行き来できちゃう男の話。

これに関する北の人の感想を聞いてみたいところだが、映画の中ではとくにそのことについてコメントがないのも面白かった。
おそらく誰もが「ナイナイ」と思うのではないか。
自分の作品で自分の作品を否定させるみたいな持っていきかたは面白い。

終盤、ピンチが来てからはつらくなって、クライマックスは泣いてしまった。
家族がいて、平穏に暮らせるだけがどれだけ貴重なことかと、平和な状態にいる人間は思う。

そしてこの映画は、北朝鮮工作員に向けてのメッセージでもあると思う。
お前たちは、何も感じないのか?感じてるはずだと。

変態映画キム・ギドク監督が脚本にかかわっている作品にしては、変態感はなく、画面も奇をてらった感じはなくて見やすい。
痛いシーンは少しあるが、どぎつくはないので安心して見られると思う。

自分は南北問題は、愛の不時着みたいに恋愛で訴えられるよりも、家族で語られるほうが胸にくるので、この映画は好きだ。

おすすめ!

※余談:ツツジ班の偽装夫婦、女優キム・ユミと俳優チョンウは2016年に本当に結婚したそうです。

レッド・ファミリー 映画情報

公開年:2013年
上映時間:99分
原題:붉은 가족(赤い家族)
監督:イ・ジュヒョン
脚本:キム・ギドク

レッド・ファミリー キャスト

キム・ユミ:ペク・スンヘ、北工作員 組長、ツツジ班母
チョンウ:キム・ジェホン 北工作員、ツツジ班父
ソン・ビョンホ:チョ・ミョンシク、北工作員、ツツジ班祖父
パク・ソヨン:オ・ミンジ、北工作員、ツツジ班娘
パク・ピョンウン:チャンスの父
カン・ウンジン:チャンスの母
カン・ドウン:チャンスの祖母
オ・ジェム:チャンス
ソン・ミンス:北工作員 サントッキ(野ウサギ)、町工場
パク・ミョンシン:サントッキの彼女
イ・ジェグ:監視 隊長
チョ・ハンチョル:闇金業者
キム・ビョンオク:金物屋 主人

タイトルとURLをコピーしました