韓国映画『サスペクト 哀しき容疑者』感想

4.0
本ページの作品の配信情報は記事投稿日時点のものです。現在は配信されていない場合もありますので、最新の配信状況は必ず公式サイトにてご確認ください。

サスペクト 哀しき容疑者(字幕版)

サスペクト 哀しき容疑者 あらすじ

北朝鮮特殊部隊の元工作員ドンチョル(コン・ユ)は運転代行業をしながら、妻子の殺し韓国へ逃げ延びた犯人の行方を追っていた。

そんな中、親身に接してくれていたパク会長の殺害現場を偶然目撃し、遺品を手にする。

その瞬間から、会長殺しの「容疑者」として追われることになり……。

サスペクト 哀しき容疑者 感想

殺人者の記憶法のウォン・シニョン監督作品

みんな大好きコン・ユが、今度は脱北暗殺者。
他のキャストも非常に好み。ちょっと約束の恋人ともかぶる

ハリウッド映画っぽい緊迫感、ボーン・スプレマシーみたいな感じで韓国映画なので、同じアジア人としてはリアリティ感がこちらのほうがある。
雰囲気はベルリンファイルっぽくもある。

カーアクションが見せ所と思うも、コン・ユの謎の安心感のためか、あまりはらはらできなくて気がそれてしまった。

『復讐者に憐れみを』のDVDが出てくる、見てないから見たいんだけど配信がないよね。

もう少し没入感が得られたらよかったが、いい終わり方だし、終わりよければ全てよし。

サスペクト 哀しき容疑者 映画情報

公開年:2013年
上映時間:137分
原題:용의자(容疑者)
監督:ウォン・シニョン

サスペクト 哀しき容疑者 キャスト

コン・ユ:チ・ドンチョル、脱北者、運転代行
パク・ヒスン:ミン・セフン大佐、対北情報局
チョ・ソンハ:キム・ソッコ室長、対北情報局
ユ・ダイン:チェ・ギョンヒ、記者
キム・ミンジェ:チュ記者、チェ・ギョンヒの元職場後輩
チョ・ジェユン:チョ大尉、対北情報局
キム・ソンギュン:リ・グァンジョ/イ・ヨンジョ、北進会
パク・チイル:ソン・サングン専務理事、ヘジュグループ
キム・ウィソン:シン次長、対北担当
ナム・ボラ:チ・ドンチョルの妻
キ・ジュボン:解剖検査医
ソン・ジェホ:パク・コノ会長、ヘジュグループ

タイトルとURLをコピーしました